緑茶化ネットワーク★裏ホームページ
りょくちゃ~ずの愉快痛快な生活ぶりを人知れず公開。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

謹賀新年
Produced by NEGI
スポンサーサイト
あけましておめでとうございます。

ねぎでございます。



12月11日はついに瓦房最終日でトンラガ家からお別れ会のお誘いがかかっていた。

いつもどおり朝8時40分カンヂカ発のバスに乗った。このバスともこれでお別れだ。ハカセと最後にタンフール(サンザシを飴でコーティングしたもの)を買った。タンフールを初めて食べたのは10年前だったが、その時は美味しいとは思わなかったのでそれ以来食べていなかったが、ここに来てまた食べてみたら意外と美味しいことに気付いて瓦房までのバスの中でよくハカセと買って食べていた。そんな日々もこれで終わりだ。



瓦房でバスを降り、前日にお世話になったちょっと大きめの1元タクシーが待っててくれ、そのまま3分場のトンラガ家まで向かった。トンラガ家に着くと、娘美英や南管理チームのウルンタナが料理を作っていた。同じく南管理チームの韓雨や新村のセルゲレンも来ていた。ママは親戚の結婚式準備で忙しく不在だった。息子たちも農作業のアルバイトに出ていて不在だったのが残念だ。お昼まで少し時間があったので、お世話になった方々の家にお別れの挨拶をしに行った。

まず最初に元校長先生の家。次にじいちゃんち。その次に「え~い」のじいちゃんち(でも不在)。その次に商店を回った。

最初は「明日帰る」という実感が沸かず、いつも通り家に行くと校長先生ご夫妻もいつも通りに出迎えてくれた。いつも通り何気ない会話をし、それでは今年はたくさんの想い出をありがとうございました、というところで急に胸が苦しくなりあれよあれよと言う間に涙が溢れてきた。次のじいちゃんちも同じだった。挨拶の時にやはり窒息するかと思うくらい胸が詰まった。そして皆共通して「泣くな。お前は家族と同じだ。いつでも戻ってきなさい。」と言ってくれる。その言葉を聞くと更に涙が出てくる。もうダメだ。校長先生も泣いていた。ばあちゃんも泣いていた。みんなしわしわでがさがさな手で涙を拭いてくれた。手のしわにはそれまでの人生の苦労が刻まれているようだった。校長先生の家、じいちゃんの家と泣きまくり、「え~い」のじいちゃんが不在、商店のおばちゃんはいつもよりも言葉少なげだった。ねぎの目がETのように腫れ上がっていたから引いたのだろうか・・・。商店のおばちゃんの家では涙をこらえたが、おばちゃんと別れた後にやはり号泣してしまった。

校長先生の家 じいちゃんばあちゃんとの別れ

続きを読む

PROFILE

りょくちゃ~ず
  • Author:りょくちゃ~ず
  • ようこそここへ、くっくくっく・・・
  • RSS1.0
  • 12 | 2006/01 | 02
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • ねぎ(05/08)
  • はかせ(12/20)
  • ナゴ(12/17)
  • ねぎ(12/07)
  • はかせ(12/07)
  • ねぎ(12/03)
  • 女王(12/03)
  • ソウル・メイト(11/09)
  • ねぎ(11/08)
  • ソウル・メイト(11/08)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。