緑茶化ネットワーク★裏ホームページ
りょくちゃ~ずの愉快痛快な生活ぶりを人知れず公開。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
こんばんは、ゲーリーinJAPANです。
なにか暴露話を~と思ったので、
今日はあたしと姉ちゃんについてお話しようと思います。


実はあたしと姉ちゃんはよく衝突した。
まあ、根がチャラチャラなあたしとしっかり者の姉ちゃん。
ぶつからないわけはなかったのである。


あたしは中国に行く前の1年間ほど、ある病気にかかっていたため
両親や周りの友人たちなどからかなり甘やかされていた。
その当時は「当然」と思っていたが、そんなことが世の中で通用するわけがない。
そんなことも分からなかったあたしは、中国でも甘えまくっていた。
そんなある日、姉ちゃんから1通の手紙をもらった。
その中には、あたしの「甘え」への叱責・激励・これからどうすればよいのか等々が書かれていた。
正直、最初に読んだときは「なぜこんなこと言われなあかんのか?」と思った。
確かにあたしは甘えてて、迷惑をかけているけどあたしのことなんも分からんくせにいろいろ言うなとも思った。


でも、もう1度じっくりじっくり手紙を読み直してみて自分の反省すべき点も多々見えてきた。
そして、ここが変わるチャンスであり、病気を完治させるチャンスであると考えた。
そして自分を変えるためにいろいろ頑張ってみようと思い直したのである。


今、その手紙を読み返してみると姉ちゃんの並々ならぬを感じるのだが、
その当時のあたしはへなちょこすぎてそんなことにも気がつかなかったのである。


あたしが姉ちゃんにキレたこともある。
まあ、かなり理不尽な怒りなのだがその時はキレてしまったので今どうこう言うつもりはないのだけど。
ご存じのとおり、あたしは骨を折ってしまっていた。
中国の総合病院はあてにならないとの理由から中国東北3省随一と言われている骨接ぎ師に診てもらっていた。
今思うとかなりうさんくさいおやじなのだが、その時は彼に診てもらうしかなかったのだ。
彼は夕食後に漢方薬を飲むことをあたしに命じた。
その薬は、日本で売っている漢方薬とはひと味もふた味も違う強烈なもので、骨接ぎ師が独自に調合した物である。
あたしは、最初にその薬を飲んだときからイヤだったんだ。
詳しくはまた骨折話しでも書こうと思うのでその時に。


とにかくその強烈な薬のおかげで最初の2日間、下痢と吐き気が1日中治まらず精神的にも体力的にもすっかり参ってしまった。
本気で飲むのがイヤで、両親にも電話しまくり、ハカセの前で号泣し、本気で日本に帰ろうとさえ考えてしまった。
そんな弱りきったあたしにハカセは
「とりあえず、飲まなくてもいいように骨接ぎ師に言ってみようね」と慰めてくれた。
この言葉はあたしにとって本当にありがたかった。
ホッとした気持ちでベッドで休んでいると姉ちゃんとバーダイフがやってきた。


ハカセとの話をすると姉ちゃんは
「でも、漢方薬って急にやめるのはよくないよ」と言ってきた。
その後も、何かいろいろと「飲まなくてはいけないよ」的なことを言われたのであたしの怒りは頂点に達した。
「でもハカセは飲まなくてもいいって言ったんやからえーやん!!」


……逆ギレも甚だしい…。
姉ちゃんは、普段から漢方薬を愛用していたのでそういう知識は誰よりも豊富だったのだ。
きっとよかれと思って言ってくれてたんだろうねぇ。
まあ、あの時はほんまに精神的にも参りに参っていたので許してたもー。


そんなこんなで、衝突の多い2人ではありましたが、きっとあたしがあまりにもへなちょこすぎて姉ちゃんはほっとけなかったんだと思うな。
でも、へなちょこなりにも自分の意見てのがあってそのおかげで衝突してたんだと思う。
今考えてみると、あんなふうにあたしを叱ってくれる友達はいなかったし、あの時いろいろ言ってくれたおかげで今のあたしがあると思う。
姉ちゃんには感謝している。
もちろん、ハカセにも本当に感謝している。


ちなみにあたしの病気は完治したのである。




スポンサーサイト
いいお姉さんがいていいですね。
私にも兄ふたり姉ひとり居ますけど、助言も忠告もしてもらった事がほとんどありません。
ときどき小泉靖国参拝問題とかでかみ合わない議論をするくらいです・・・・。
ところで、愛称の由来は強烈な漢方薬の副作用ですか?
【2005/11/20 23:05】 URL | ソウル・メイト #7oh8yI.o[ 編集]
愛称
それもありますが、しょっちゅうお腹壊していたので。
ゲーリーと呼ばれるようになったのは
ハカセと姉ちゃんと3人で北京に遊びに行ったとき
これまた強烈なのに襲われて、寝台列車の中でもトイレに通いまくっていた
ことがありました。
その頃からこんなあだ名になった気がします。
【2005/11/20 23:55】 URL | ゲーリーinJAPAN #-[ 編集]
やっぱ仲間だ!
私も胃腸が弱くてよくゲリしてますよ。
ちなみにゲーリーさんにポプラの剪定を指導してもらったときも・・・。
で、残念な事に説明の最初の部分は聞き逃してしまいました。
【2005/11/21 22:40】 URL | ソウル・メイト #7oh8yI.o[ 編集]

ゲーリー、あの時はねぎも香港行きでバタバタしていてなかなか言う暇がなかったけど、ゲーリーの辛さも知らずに飲め飲めばかり言ってごめんね。
ハカセが言ってた。自分が辛い時にやめてもいいんだよって言ってくれる人が一人でもいると、とても救われた気分になるって。やめてもいいとは言ったけど、ゲーリーはやめずに続けるって信じてたとも言ってたよ。
あの時本当にゲーリーの気持ちを理解してたのは、ねぎではなくハカセだったんだよ。
アイツ、一番年下のくせに大したもんだよ。。。
感謝はねぎではなく、まずはハカセにするべきだな。
【2005/11/27 21:58】 URL | ねぎ姉ちゃん #-[ 編集]













管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://ryokuchaka.blog15.fc2.com/tb.php/44-8541a174

PROFILE

りょくちゃ~ず
  • Author:りょくちゃ~ず
  • ようこそここへ、くっくくっく・・・
  • RSS1.0
  • 08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • ねぎ(05/08)
  • はかせ(12/20)
  • ナゴ(12/17)
  • ねぎ(12/07)
  • はかせ(12/07)
  • ねぎ(12/03)
  • 女王(12/03)
  • ソウル・メイト(11/09)
  • ねぎ(11/08)
  • ソウル・メイト(11/08)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。