緑茶化ネットワーク★裏ホームページ
りょくちゃ~ずの愉快痛快な生活ぶりを人知れず公開。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
こんばんは、ゲーリーin JAPANです。
今回は私の骨折物語でもお話しようと思います。


2005年9月15日
その日はとても早起きをした。
大滝さん・ボランティアーズと3分場の有志とで、砂漠の向こうにある
木が生えている場所まで馬車で行き、種をとってくるという企画があったためだ。
取ってきた種は後で砂漠に植えようというものである。
4時半起床でトンラガさんのおうちで朝ご飯を食べた。
相変わらずお腹の調子が悪い日だった。


砂漠の中を3台の馬車に分かれて進んだ。
私の馬車にはハカセ、アルタマさんの息子ハイフンと確かロンタンも乗っていたような気がする。
最初は、馬車に腰掛ける感じで足をぶらぶらさせた状態で乗っていた。
しかし道が悪く揺れるたびに足が地面につき、降りるのが面倒だった私は、途中から足をあげてあぐらの状態で乗っていた。
道はさらに悪くなり、馬車はさらに揺れた。
必死に馬車にしがみついていた私だったが、内心ではその揺れにはしゃいでいた。
砂漠の向こう側に行けるといううれしさと早起きのためテンションが高かったのである。
何度目かの揺れが来たとき、私の腕は自分の体重を支えることができず馬車から振り落とされてしまった。


ドスッ!!


落ちた瞬間、ハカセは大爆笑していた。
私も笑いながら起きあがろうとしたのだが、腕がおかしい。
ものすごい痛みがある。
痛さに胸のあたりもなんだか苦しい感じがする。
腕を動かそうとしてもうまく動いてくれない。
え!?まさか折れたとか??
骨折経験のなかった私は骨が折れた感じがどういうものか分からなかった。


あまりに起きあがらないので、心配してみんなが来てくれた。
トンラガさんは持っていた白酒を腕に吹きかけた。
「骨が折れてるかもしれないから」と急遽私と大滝さんトンラガさんはカンチカにある総合病院に行くことになった。


病院でレントゲンを撮ってみるとキレイにポッキリ折れていた。
うあー、折れてるし…。
これからギブスでもするんやろなくらいにしか考えていなかった。
のん気なものである。
トンラガさんの勧めで中国東北3省随一の骨接ぎ師のところへ行くことになった。
彼は1分場に住んでいたためまたガボウに戻ることになった。
聞くところによるとその先生は、かなりの名医で総合病院で入院していても全く治らなかった患者をたちどころに治すほどの腕の持ち主らしい。みんなが神として尊敬している先生らしい。
中国の名医って仙人風かもなぁと思ったりした。


行ってみるとそこは普通の民家で看板らしき物すらなかった。
中には奥さんが1人いて、先生は今牛に注射をしにいっていて留守という。
人間の先生なのに牛に注射?と思ったがそこはほら中国。
そんなもんなんやろうと思って先生の帰りを待つことにした。
大滝さんとトンラガさんは一端帰っていった。
一人取り残された私に奥さんは毛布をかけてくれ、いろいろと話しかけてきてくれたが、私は中国語はほとんど分からないので会話が続かない。
沈黙したまま2人で中国ドラマを見て過ごした。
6時間ほど待ってようやく先生が帰ってきた。
その頃には種取りメンバーも帰ってきていて、大滝さん、ボランティアーズ、トンラガさん、ジャンウェイ、ジョナムラくんが来てくれていた。
先生はもちろん仙人風なわけはなく普通のおじさんというよりおじいちゃんよりの人だった。
レントゲンと私の腕を見てくれて、何か話している。
私は横になった状態でみんなに押さえつけられた。
先生は私の腕を思いっきり引っ張った。


いたーいっ!いたーーいっっ!!
あまりの痛さにええ年こいて号泣した。
折れた腕をひっぱられるなんて思いもよらなかった。
今となっては騒ぎ過ぎだったか…とも思うがあの時の私は叫ぶことでしか抵抗出来なかったのである。


余談だがこの1件によりトンラガさん、ジャンウェイ、ジョナムラくんの3人は「イタイ」という日本語を覚えることができたらしい。


引っ張り終えた先生は隣の家に添え木を取りに行った。
人のお古ですか?と思ったが抵抗できるはずもなくピンク色と水色の布が巻かれた板を4本腕にひもで固定された。
そして「これを鳥が家に帰る頃飲みなさい」と言われ包みを渡された。
鳥が家に帰る頃って一体何時やねん!!と心の中で軽くつっこんで包みを受け取った。
その中には例のとんでもない漢方薬が入っているのだが、この続きはまた明日。


1.jpg

引っ張られて号泣。
こんなさなか一体誰が写真なんて撮ったんやろ?

2.jpg

レントゲンと私。
添え木もあてられて無事(?)治療終了。



次回予告!!
謎の包みを渡されたゲーリー。
日に日に弱り行く彼女にハカセは!?
そして最終秘密兵器とは!?
次回「骨折その2」乞うご期待!!










スポンサーサイト

ゲーリーさん、初めましてコンニチハ。
ごめんなさい、大爆笑させてもらいました。
写真・・・痛そうなゲーリーさんと、その横でにこやかに写っている
ハカセと大山羊さんがとても対照的で涙が出ました。
ということは写真を撮ったのはねぎ姉ですかね?ひどい人ですね。(笑)

ねきちゃん、ハカセへ。ここんとこコメント入れてませんが、
楽しく拝見させていただいてますよん♪
みんな普通の女の子なのね~と当たり前なことを思いました。(^▽^)
【2005/11/26 14:38】 URL | Ⅴ #UqHsDmbQ[ 編集]
私でした
誰だ!こんな非常事態に写真なんて撮っていたのは!と思い、手元の画像を見てみたら私のところにありました。どうやら私だったみたいですね。えへへ、すみません。
しかも私この時、ゲーリーの悲痛な叫びに私まで気絶しそうになり、耳を押さえて「ゲーリー、お願いだから声出さないで~!!!」って私も半べそかいてました。だったら見舞いに来るな!ってみんなに後から反感を抱かれました。ごめんねゲーリー。私意外とこういうの弱かったの忘れてた。
ちなみに「イタイ」は彼ら3人だけでなく、3分場内で有名です。ちなみに馬車から落ちて骨折したことも3分場内で有名です。
>V姉さん
実はこのゲーリー、3年前に一般隊で来ましたが、その時V隊との混成隊だったので当時のV隊の方は彼女のことご存知だと思いますよ。と、簡単に紹介してみました。
【2005/11/26 15:21】 URL | ねぎ姉ちゃん #-[ 編集]
ほんまに痛かったです。
>Vさん
はじめまして、こんばんは。
Vさんはv隊の方ですか?v隊さんには3年前お世話になりました。
ちなみに現在も交流がありまして、中国から帰った後3回ほどみんなで
旅行したりしました。
みなさん気さくでとっても楽しい方ばかりです。
このお話はもう少し続けるつもりなのでお付き合いよろしくお願いいたします。
>姉
やっぱりそうか…。あの時写真とれたのはあなたくらいやと思ったさ。
【2005/11/26 19:53】 URL | ゲーリーinJAPAN #-[ 編集]

Vさん、私にこやかに見えます?この時は必死になってゲーリーに「息をすってぇ~、はいてぇ~」って、まるでお産婆さんみたいにゲーリーの呼吸を整えていたんですよ!!笑っていたのは、私まで泣いてしまったらゲーリーが不安がると思って、作り笑いを連発していたわけです。これ、おもしろおかしく書いていますが、当事者を含め全員が必死でしたよ。ねぇ、げーりーっ。それにしてもあんたの文章はおもろいわぁ。ハカセはゲーリーに自費出版で自叙伝インホルチンを書くことをお勧めします。書いたら買うでぇ~。
【2005/12/02 00:00】 URL | ハカセ #-[ 編集]
そりゃもう
必死だったよ。あたしゃ骨折したことを心底悔やんだね。
それにしてもお褒めの言葉ありがとうございます。
自費出版かぁ、おもしろそうだな。
【2005/12/02 00:37】 URL | ゲーリーinJAPAN #-[ 編集]

ちなみにジョナムラ君はここに来てないけどね。
ジャンウェイとウルンタナが後から来たんだよ。もう痛みこらえるので必死で周りのこと忘れちゃったのかな。
【2005/12/02 01:47】 URL | ねぎ姉ちゃん #-[ 編集]













管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://ryokuchaka.blog15.fc2.com/tb.php/48-8d2412bc

PROFILE

りょくちゃ~ず
  • Author:りょくちゃ~ず
  • ようこそここへ、くっくくっく・・・
  • RSS1.0
  • 10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • ねぎ(05/08)
  • はかせ(12/20)
  • ナゴ(12/17)
  • ねぎ(12/07)
  • はかせ(12/07)
  • ねぎ(12/03)
  • 女王(12/03)
  • ソウル・メイト(11/09)
  • ねぎ(11/08)
  • ソウル・メイト(11/08)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。