緑茶化ネットワーク★裏ホームページ
りょくちゃ~ずの愉快痛快な生活ぶりを人知れず公開。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
こんばんは、ゲーリーin JAPANです。
それでは番外編。


空港に迎えに来てくれていた両親は腕の様子を見て愕然としていた。
本当に冗談抜きで曲がっていたからだ。
空港にあるレストランで食事をしながら父は言った。
「ほんまに治るんか?」
いや、あんたが帰ってくるなと言ったからこうなったのではないか?
あの時帰っていれば楽勝だったと思うのだが…。
まあ、それも親心。


あたしの症状の悪さにショックを隠しきれない両親は
地元の病院に行く予定をキャンセルし、元看護婦で神戸に住む叔母に連絡をとった。
関西で信頼のおけるよい病院を紹介してもらおうと考えたからだ。


あたしは叔母の家に1泊することになり、叔母の帰りを待った。
その間、おばあちゃんと話をしていたのだが
「どうしてそんなとこ(中国)に行ったんだ」と延々つっこまれた。
おばあちゃんはおばあちゃんと呼ぶにはもったいないくらいきれいな人で占いが得意な人だ。
「あんたは北に行ったらあかん、自分から鬼門に行っている。西に行くべきだ」から始まり、「ずっと吐き気があって下痢が続くような薬は体にあってないんだから止めればよかったんだ。そうせな死んでたよ」とまで言われた。
実際は死んではないのだけど、それもそうだと納得した。
しかしあの状況では飲むことをやめることはできなかったので仕方ない。


そうこうしてる間に叔母が帰宅したので一緒に近くの開業医に行った。
診察が始まり、まずレントゲンを撮った。
そこのレントゲン技師さんに「治るでしょうか?」と聞いてみた。
彼は「それは僕らが答えたらあかんねん。医者じゃないから。」と言い、「しかし、ちょっと怖いわ…」と言った。
怖いってなに!?そんなおっそろしいほどヤバイ状態なのですか!!
あたしは一気に恐怖のどん底にたたきつけられた。


医者の診察がはじまった。
先生は腕とレントゲンを見比べてうなっている。
「ちょっとどうしてあげたらええか悩むわ~」
え?え?どういうこと??
「手術したほうがいいようにも思うけど、傷が残るし…。かといってギブスで固定してもなぁ…。」
きゃぁぁぁ!!手術!?イヤすぎる…。
「もうちょっと大きい病院紹介するわ。」
さいですか…。


結局あたしは大きい病院に行くことになってしまった。
その日は土曜日だったので、一旦実家に戻り、月曜日に両親と車で行くことにした。
ちなみにその病院、事故などの治療で関西トップクラスの病院。
春に起きたJRの脱線事故でも活躍したところなのです。


月曜日、とりあえず入院の準備をして病院に向かった。
両親もあたしも十中八九手術になるだろうとふんでいた。
こんなのギブスで治るわけないやんって感じだ。
でも手術の経験なんかないし、イヤやなぁと気分はかなりダークだった。


経験豊富そうな先生は新しく撮ったレントゲンを見て一言
「ギブスで治しましょう」と言ってくれた。
マジ?マジですか??やっりぃぃぃ!!
こういうの!!こういう人を名医って言うんだよ!!


それにしても最近のギブスってのはものすごい簡単な作りで驚いた。
小学生の頃友達の腕を見たときは、周囲をガッチリ石膏で固定してあったのだけど、あたしのギプスは長い布?綿みたいなのを水で濡らし、肩から手首までの長さで切って固定しながら包帯で巻くというもの。
その綿はしばらくすると固まって、腕の土台みたいになるのです。
これならかゆくなっても包帯のすきまからかけるし、かなり快適だった。


それから3度病院に足を運んだ。
その度に先生は「そんな遠くからこんでも家の近くに病院あるやろー」と言った。
確かにあるけど先生みたいに名医はいないと思います。(尊敬)
「やっぱり手術せんでよかったなぁ。若いし治りが早いわー。次きてもう1回レントゲン撮ったら終わりにしましょう」と言ってくれた。


ちなみに今の腕の状態は多少曲がってはいるものの、これは折れた骨の周りに新しい骨がぐるっと囲むようにできていて、そのうち削れていってまっすぐになるので大丈夫らしい。
日常生活にもなんら問題はない。
次の診察は来年1月だ。
あたしの骨折騒動はこうして幕を閉じたのである。

スポンサーサイト
よかったですね。
ブログを読んでいて、どうなっちゃうんだろうって心配だったけど、いいお医者さんに巡り合えてよかったですねえ。
昔は中国にも華佗っていうものすごい名医が居たって話ですけどね・・・。
【2005/12/01 22:25】 URL | ソウル・メイト #7oh8yI.o[ 編集]

ゲーリー、じゃぁお次はゲーリーマッチョになるが読めるのかな?楽しみっ。でも、本当に直ってよかったね。心から、ゲーリーの頑張りに敬意を表します。お疲れ様。これからの体力つくり頑張ってね。
【2005/12/02 00:16】 URL | ハカセ #-[ 編集]
マッチョ
なれるんでしょうか?
実はまだ運動は止められておるのです。
最後の診察してから運動解禁になるみたい。
おかげでボードにもいけないよ…。
もう人工スキー場がオープンしてるのにさー。チェッ。
【2005/12/02 00:38】 URL | ゲーリーinJAPAN #-[ 編集]













管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://ryokuchaka.blog15.fc2.com/tb.php/53-95e52840

PROFILE

りょくちゃ~ず
  • Author:りょくちゃ~ず
  • ようこそここへ、くっくくっく・・・
  • RSS1.0
  • 06 | 2017/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • ねぎ(05/08)
  • はかせ(12/20)
  • ナゴ(12/17)
  • ねぎ(12/07)
  • はかせ(12/07)
  • ねぎ(12/03)
  • 女王(12/03)
  • ソウル・メイト(11/09)
  • ねぎ(11/08)
  • ソウル・メイト(11/08)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。