緑茶化ネットワーク★裏ホームページ
りょくちゃ~ずの愉快痛快な生活ぶりを人知れず公開。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
ハカセです。

季節はめっきり秋です。
今日、朝のニュースで十和田湖の湖面に映る紅葉が絶品だと聞いて飛んでいきたくなりました。
そして、今朝ゲーリーから届いたごろごろ画像はあまりにもあほすぎて人に見せずにはいられず、研究室の後輩に見せてしまった。
⇒後輩の反応は、
「ハカセさんのお友達ってすごいですね。」でした。
何がすごいんでしょう?
気になるけど、聞くのをやめました。
⇒さらに後輩は、
「沙漠に行く人ってみ~んなおかしくなっちゃうんですよねぇ~。」
なるほど、すごいとは
おかしい人の中でもずばぬけておかしいという
褒め言葉だった。



最近、学校に泊まることが多い。
何を隠そう11月3日に学会発表があるからだよ。
今回は、大見得きって統計解析で望む気でいたんだけど、
「相関がでなぁ~い!!!」
これは死活問題。


今日もこのまま戦闘態勢に突入いたします。
あまりに没頭しすぎて夕飯買い忘れた。
あ~あ、SATOのご飯と柿しかな~い!!


あいそであわないこの二つを食すとするかな。
ねぎです。

さてさて4日目は1年ぶり8時半カンヂカ発のバスに乗り瓦房へ。
瓦房へ行く目的は、お世話になった人、よく遊んだ子供たちへ写真を届けることだった。写真は10家庭ほどある。
最初に訪問した家は、すでに2日前に写真をナラママに渡したアルタマ家。家にはナラママしかおらず、アルタマバーバとロンタン&婚約者は農作業へ出ていて、ハイフンは北の観光地に馬を出しているということだった。写真、みんな見て喜んでくれたそうだ。上海から持ってきた南の白酒と月餅、ポッキーをお土産に渡した。ナラママは「なによ、そんなの持ってくる必要ない!来てくれればそれでいいんだよ。」と言ってくれた。ここでまたちょっとうるうる。

次にジョナの家へ。
ジョナの家ではお父さんが庭でとうもろこしの皮むきをやっていた。どうやら先日手を振ったのがねぎだったというのが分かったらしい。家に上がるとお母さんも裏庭から入ってきた。「おー!来たのかい!よく来たね~」と喜んでくれた。ここでもまたうるうる。お土産の白酒、月餅、ポッキーを渡した。劉英さんとスイレンは観光地にいるという。

更にトンラガ家に行く途中、見覚えのある少年が。イェンジュンだ。
「イェンジュン!」と叫ぶと、少年は振り向いたが怪しそうな表情をした。もう一度「イェンジュン!」と叫んだが彼は家の中に入ってしまった。ねぎも追いかけて垣根を越え敷地に入り込む。(日本なら間違いなく不法侵入。)間に合った。やはり少年はイェンジュンだった。が、彼は「誰?この人」的な表情でねぎのことを見ていた。そりゃそうだ。いくら賢いイェンジュンだってまだ3,4歳の子供だ。とりあえず家から出てきたおばあちゃんに写真を渡した。おばあちゃんは「おぉ去年いた日本の子かい?」と思い出してくれた。
ねぎ「そうです、あの日本人です。この子イェンジュンですよね?」
おばあちゃん「そうだよ、イェンジュンだよ」
あぁイェンジュンよ、完全に忘れてしまったんだね・・・、去年とうもろこしの皮むきの時期には「ダージウバオ!」って名前まで覚えてくれたのに。
続きを読む
3日。
朝5時半ジャンウェイ家にて起床。やはりお腹の調子が悪い。朝日の下ジャンウェイ家の庭にプレゼントを残し、出発。

新村でセルゲレン、ラオポーさん、トゥブシン、その他若者2人を拾い、1分場では元気おじさん韓雨さんを乗せ、いざカンヂカへ。
韓雨さんとは実は前日再会を果たしていた。韓雨さんのお母さん(婆ちゃん)とも会い、強引な韓雨母に強制的にお茶を飲まされた。入れたお茶の中に虫が入っていて韓雨母が虫だけを取り除いてくれ、「ほらよ、飲め」と言わんばかりにお茶を返してくれた。虫を煮出したお茶でも韓雨母に言われたら飲まざるを得ない。。。熱いのでふぅふぅしてちょっとだけ飲んだところ、タナが「虫の入ったお茶はうまいか?」と。だって仕方ないじゃん!あの婆ちゃんに言われたら飲まざるを得ないんだよ。タナは大爆笑。その後もトンラガさん、ナラママにもちゃんと報告し、笑いものにされた。
写真も渡したが、婆ちゃんの写真が少なかったらしく、婆ちゃんから「あたしの写真がないじゃないか!」。あぁ!あります、ありますってば!ほら見て最後の1枚、ここに婆ちゃん映ってるから。婆ちゃん、写真を見ようとしたが老眼らしく見えなかったらしい。そして新しく買ってもらったという老眼鏡を見せてくれうまく話が反れた。あぁよかった。
続きを読む
ねぎです。

30日、白酒と会社でもらったゲッペイを手土産にいざ瀋陽へ。しかし白酒は機内に預けなければいけず、梱包も含め25元も取られてしまった・・・。ちなみに肝心の白酒は20元。梱包代のほうが高くついたわけ。
瀋陽では去年知り合った日本語ガイドの周さんとの再会。周さんは少しやせていた。そして夜に食べた焼肉が悪かったのか、ゲーリー大佐2号となって現地入りすることに・・・。

1日には瀋陽からカンヂカまでバスで3時間の旅。道路が悪いから5,6時間かかるよと大ヤギさんに言われていたから、思ったより早く着いてよかった。
着くや否や大ヤギさんとの再会。腹痛を伴い、それまでの疲れもあったが、今回の目的の1つでもある「英子」へ行った。英子はなんと去年1度しか行った事がないのに覚えていてくれた。それは嬉しい事だが、去年施したヘアスタイルまで覚えていたのか、「髪型はそのまま、4,5センチ切って、あと全体的に薄くして」の注文を見事無視してくれた。出来上がりは去年のあの惨劇を呼び起こさせるようなものだった。ただ去年よりはまだ少し髪の毛を残しておいてくれたのが幸いだが、「これ上海に帰るまでに伸びるのかよ?」って心配だ。きっと会社でも笑いものにされるだろう・・・
続きを読む
こんばんは。ねぎです。

1日早いけど明日から国慶節のお休み。
ふるさとのカンヂカへ戻ります。南の白酒を手土産に、荷物も大体準備できた。明日の朝はちょっと会社に月餅をもらいに寄ってからいざ瀋陽に向けて出発。瀋陽で1泊後、10月1日にカンヂカへ移動します。
大山羊さんにも連絡済。あー楽しみだ。

そして国慶節明けの14日にはいよいよお引越し。
どうも今の家が気に入らず(特にトイレ&シャワー、キッチン)、9月に入ってから家探しをしていた。初めて見た家は2800元で家具が中国っぽくて、トイレ&シャワー、キッチンもキレイだしなかなかよかったが、高いのとまだ心の準備ができていなかったのとでウダウダしていたら他の人に取られてしまった。いい物件は1,2日ですぐになくなるらしい。
その後も2000元以内で色々見たけど、なかなかいい物件に会うことはなかった。

そして最後に共同生活で3000元だけど3LDKの高級マンションというのを見てみた。すると、さすがに高級マンションだけあって、めちゃきれい。リビングも広いし。共同生活は条件に入れていなかったが、さすがに心がぐらっとよろめいた。しかも1部屋だけ室内にトイレ&シャワーがついているのでここなら1人で占領できる。その部屋だけちょっと高いらしいが、2600元まで値切った。でも結局管理費が100元ついて2750元になってしまったが。。。でも共同生活で今よりも400元高いけど、それだけの価値はあると思ったのでその日の内に契約、しかも2年。
家賃2か月分=5500元
敷金家賃2か月分=5500元
不動産屋への仲介料、家賃の70%=1925
合計12925元を払ってきました。日本円にすると193,875円也。
この金額を考えるとかなり切なくなります。
本当に良かったんだろうか、だまされて癒しないだろうか・・・って。
まあでもキレイだからいいんだ。

PROFILE

りょくちゃ~ず
  • Author:りょくちゃ~ず
  • ようこそここへ、くっくくっく・・・
  • RSS1.0
  • 10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • ねぎ(05/08)
  • はかせ(12/20)
  • ナゴ(12/17)
  • ねぎ(12/07)
  • はかせ(12/07)
  • ねぎ(12/03)
  • 女王(12/03)
  • ソウル・メイト(11/09)
  • ねぎ(11/08)
  • ソウル・メイト(11/08)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。